こだわり( 安河内綜合食品が大切にしている事 )

素材へのこだわり:福岡県産のフクユタカ福岡県で豊かに実るということから名づけられた、フクユタカ。寒い地域で栽培されることの多かった大豆を暖かい地方でも栽培できるように品種改良された、国産大豆の代名詞です。
そのフクユタカを、福岡県京築地域から仕入れ、美味しい豆腐作りに励んでおります。フクユタカは、北海道産大豆に比べて、タンパク質が多く、ショ糖含有量が低いため、しっかりとしていて、あっさりした味わいの豆腐が出来ます。柔らかく煮えないことから、煮豆や納豆に使われることはほとんどないため、豆腐のための大豆とも言えます。

素材へのこだわり:福知山の伏流水

我々は、良質な水を求め、工場敷地を探し続け、豆腐を作る上で最適な軟水である福知山の伏流水が流れるこの地をやっと見つける事が出来ました。豆腐の製造はまず、大豆に水を吸わせるところから始まります。浸けておく時間は季節によって変わり、職人によって決められています。十分に水を吸った大豆を、今度は潰して煮込みます。煮込むことによりオカラと豆乳に分かれたら、豆乳とニガリを混ぜ、型に入れて豆腐の形にします。この製造の流れの中で使用するありとあらゆる水は全て地下水です。製造だけでなく、機材の洗浄まで地下水によって行います。豆腐に関わるすべての部分で性質の良い地下水を使うことを徹底しています。
障がい者と共に30年、手づくりへのこだわり長年にわたり、障がい者雇用にも力を入れております。商品の袋づめやシールはりなどで補助的作業を、わきあいあいと明るく、ハンディキャップを持った方たちが行っております。また中でも、ぶれのない均一な一定作業のできる従業員には重要な工程を任せるなど、能力と意欲を発揮できる職場づくりに励んでおります。これからも共に、一粒の大豆を大切に豆腐造りを行ってまいります。

北九州市内ほぼ全域に毎日自社便で配送

お客様の冷蔵庫代わりに使っていただく!をモットーに、毎日休み無く新鮮な豆腐を作り続けております。北九州の中心地区に工場は位置し、ご注文から1時間程度で市内であればほぼ全域にお届けできる体制を整えております。